生産管理システムの導入から運用まで幅広くサポートします
株式会社アルカス
資料請求

攻撃型生産管理とは何か?

これまでの生産管理の仕事と言うと、どうしても「受け身の仕事」と考えられてきました。
そこにあるのは、「被害者的妄想」でした。

曰く・・・
「当社の営業は、予測が当たらなくて困る」
「いつもお客様は、無理難題を言ってくる」
「設計は、なかなか図面を出さないが、それが原因で手配が間に合わなくても最後に怒られるのは我々だ」
「うちの取引先は、納期通りに部品を持ってきたためしがない」
そして・・・・
「そういうゴチャゴチャの中で、何とか生産して行くのが、我々の仕事だ」
と考えていませんか?
しかし、考えてみてください。
営業の予測が100発100中あたるような時代の来ることがありますか?
お客様は、こちらの都合を見て発注してくれるようになると思いますか?
見方を変えれば、これらの事は「当然の事」であります。
であるならば、我々物を作る側も、それを「当然の事」と受け止め、それを前提にした「物作りの仕組」を考えるべきではありませんか。
物を作る中で「原価を低く押さえる」ということは、大事なことです。
「そのためには、まずいくらで作っているかを把握する事からはじめなくては・・・」
「現場改善や、工程の流れを改善し・・・」
等々
しかし、これらの努力をして、どこまで原価が下がりますか?
3%、5%のコストダウンで、東南アジアや中国等と、戦っていけますか?
産業構造の劇的な変化の中で、過去からの延長線上に乗った考え方で、生き残って行けるでしょうか?
「攻撃型生産管理」とは、従来のやり方や考え方に捕らわれずに、物作りの根本から考え直し、
「前向きな考え方による物作り」
「出来ない理由を考えるのではなく、解決する方法を考える物作り」
「顧客本位の物作り」
「製造業として生き残るための物作り」
をするための方法です。
TPiCSは、この「攻撃型生産管理」をなさる方たちの有力な武器になることを願って開発されました。
(これらは、TPICSの特徴である「f-MRP」で実現されます。⇒f-MRPとは何か?
TPiCSがご検討の目的と一致するならば、TPiCSの「貸出制度」をご検討ください。そして、より興味をお持ちになられたら、是非「研修会」にご参加ください。